新型コロナ感染症予防【その2】
当院での新型コロナ感染症の予防対策についてですが、毎日のように厚労省や歯科医師会発信の予防策情報が届きますので、それを参考に行っております。


新型インフルエンザの流行以降、感染予防には注意を払って来ました。
マスクやグローブに加えてゴーグルも全員着用し、切削時には飛沫したものは口腔外バキューム(強力な掃除器のようなもの)で吸い取ります。

換気もして空気を入れ替えておりますのでさらに感染リスクは下がります。

歯科治療は感染リスクが高いので控えた方が良いと新聞やテレビで見ます。

全ての歯科医院が本当にそうなのでしょうか?

歯科は熱や咳があるような体調の時に受診される患者さんはほとんどいないので、この装備を着用した上でもし院内感染があったとしたら、それはスタッフが院外で感染したり家族が感染したのを持ち込んだ可能性の方が高いかもしれないです。

一般的に感染のリスクが高いスタッフが休みを取るのは基本的な事ですが、小さな診療所はスタッフの人数に余裕がなく休みにくい事情もあります。ましてやそれが1人しかいない歯科医師の場合は無理をして診療を続けてしまうのかもしれないのです。

当院もとにかく罹らないように注意する考えが備わっていますが、もしも可能性がある時は患者さんには申し訳ないですが、お休みさせていただきます

今回の感染症については、医療関係者の不足や、物資の不足について訴えられています。
歯科も同じで入手が難しい状況が続いています。



元々医療ゴミを増やしたく無い考えから、前院長時代のステンレスコップや布製エプロンは使い捨てではなく滅菌して使える物を使用しています。

それも幸いし、また優秀なスタッフの在庫管理のおかげでしばらくは持ち堪えられると予測しています。

他にも歯科医院が感染リスクが高いと言われる理由に院内のレイアウトも関係しているかもしれません。

当院は隣の患者さんが壁を隔てて半個室になっており間隔も2メートル以上ありますが、パーテーションのみで横並びの診療所も多いのではないでしょうか。

連休明けからは、歯科治療前にリステリン溶液を使って30秒うがいを行ってもらい歯科治療等を開始する事にしました。 イソジンうがい薬や、リステリン液で洗口すると歯科治療中に口腔内細菌が飛散して落下する生きた細菌が90%以上 減少し、短時間でも殺菌力は強くウィルスにも有効という報告があります。

見えないウィルスに負けないためには免疫力が重要です!
適度な運動、栄養、睡眠、そしてお口のお手入れを忘れず行ってくださいね。
posted by: シカバちゃん | 業務日記 | 09:17 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:17 | - | - |-